女性

子宮内膜症を漢方で改善【病院情報は口コミでGETし健康ライフ】

妊娠中には注意

乳がん検査

病気には色々な種類がありますが、中には女性だけが患う病気があります。その病気が乳がんです。乳がんは女性の乳房に出来てしまうガンで、治療せずに放置してしまうと他の正常な臓器に転移し、取り返しの付かない状況になることがあるので治療する必要があります。しかし、進行し過ぎてしまうと乳房を切除しなくてはならなくなるので、早い段階で治療する必要があります。そのため、定期的に乳がん検診を受けるようにしましょう。乳がん検診はクリニックで受けることができ、早期発見をすることで乳房の切除を防ぐことが出来ます。

クリニックで乳がん検診を受ける時には自分に合った検査を受けると良いでしょう。乳がん検診には基本的に二種類の検診があり、その検診がマンモグラフィと超音波検査になります。マンモグラフィは乳がんの初期症状となる石灰を映せる検査で、深部まで超音波が届かない時に利用します。超音波検査は専門の機械により発した超音波が跳ね返ってくる音の変化で乳がんを調べる方法です。超音波は手では感じる事が出来ないしこりを発見してくれるので、乳がんを早い段階で見つけることが出来ます。このように、クリニックでは2つの検査方法があるので、医師に相談し自分に適した検査を受けましょう。しかし、マンモグラフィは妊娠中の方は検査を受けられない場合があるので注意しましょう。なぜなら、マンモグラフィはX線を使用する検査となっており、お腹に眠っている胎児に悪影響を与える恐れがあるからです。